fc2ブログ
18
2023

上野・総社神社(蒼海城)

CATEGORY上野国
総社神社
(社伝)
崇神天皇皇子の豊城入彦命が軍神として経津主命を祀ったことに始まる。
安閑天皇時に上毛野小熊が社殿を改築して「蒼海明神」と称する。
天平10年(738年) 上野国549社を合祀し「総社明神」と称したともいう。
実際のところ、全国国府で神々合祀の風潮は律令制の衰退期にあたることから、総社神社の成立年代は更に下ると見られる。

[蒼海城]
永享元年(1429年) 総社長尾氏による築城。
文禄元年(1592年) 諏訪頼忠 武蔵国奈良梨 → 総社1万2千石
慶長6年(1601年)                  → 信濃高島2万7千石
慶長6年(1601年) 秋元長朝              1万石  惣社城築城に伴い廃城。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment