fc2ブログ
26
2021

コレクティブ 国家の嘘

CATEGORY映画-欧州







コレクティブ
2015年10月30日、ルーマニア・ブカレストのクラブ「コレクティブ」で火災が発生し、多くの死者と負傷者を出す大惨事となる。
別々の病院に運ばれた負傷者たちは次々に死亡し、最終的に死者数が大幅に増加。
事件に疑問を抱いて調査を開始したスポーツ紙「ガゼタ・スポルトゥリロル」の編集長は、内部告発者から衝撃の事実を知らされる。


クラブ火災での死者は27人。
病院に搬送された負傷者180人 ―― この内37人の若者が次々と病院で死亡した。
取材した編輯長以下スタッフは理解不能な院内感染の実情を知る事になる。

製薬会社と病院院長、政界の癒着は古今東西定番。
ここにマフィアが加わり、官僚も同席するのは旧社会主義国家の常。
戦慄したのは、出荷段階で表示の1/10に希釈された消毒薬が、更に病院で希釈されて患者に使用される事実。
そりゃ感染するし死にますよね。
顔に蛆が涌いた状態で放置される若者の映像は衝撃。
賄賂で蓄財した病院長はスイスでクリニック経営し、有力者は国外の病院へ。
薬品メーカーのオーナーは謎の死を遂げる。
新政権で就任した若き大臣が対峙する闇は大きすぎる。
全てが解明され、関係者が駆逐され、医療水準が先進国に追いつくのは何時の事でしょうか。

最初に報道し、核心に迫ったのがスポーツ新聞。
従来のマスコミが権力とガッツリ蜜月関係故の事だろうけど、その勇気、使命感は凄い。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment