fc2ブログ
10
2021

返校 言葉が消えた日









返校
台湾にある翠華高校。放課後の教室で眠ってしまった女子高生のファン・レイシン(ワン・ジン)が目を覚ますと、校内に人の気配は無く、いつもと違った異様な雰囲気に満ちていた。
自分が参加している読書会のメンバーでひそかに思いを寄せる男子学生ウェイ・ジョンティン(ツォン・ジンファ)を見つけた彼女は、外へ出ることのできない校舎から抜け出そうとするが、廊下の先の扉の向こうに広がる悪夢のような光景を目にする。


「ゲームが原作」「白色テロ」 この二つのキーワードだけで鑑賞、まさかホラー映画テイストだったとは知らんかった。
登場する怪物が、白色テロ時代の国民党軍人の暗喩だと解釈すると残酷なラブストーリーで、これはこれでキツい物語。
純粋に、圧政と抵抗、信念と裏切り、友達と家族、友情と恋愛、逝った者たちと生き残った者・・・・それらで成立したと思います。
別に奇をてらったホラー仕立てにしなくてもいいじやん(私見です)。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment