fc2ブログ
05
2021

2021 秋の歴史旅 5.相良城









相良城01
[相良城]
静岡県牧之原市 

平安末期 相良荘・地頭であった相良氏の居館があった。
建久4年(1193年) 相良氏は肥後多良木荘の領地に下向

天正2年(1574年) 高天神城を攻略した武田勝頼によって中世城郭として築城
天正14年(1586年)"相良御殿"として徳川家康が使用
明和4年(1767年)~安永9年(1780年) 田沼意次が近世城郭として12年掛けて築城
天明8年(1788年) 田沼意次失脚後、取り壊し

相良蕃
宝永7年(1710年) 本多忠晴 三河伊保 1万5千石 → 1万5千石
延享3年(1746年) 本多忠如  → 陸奥国泉 1万5千石
延享3年(1746年) 板倉勝清 陸奥国泉 1万5千石 → 1万5千石
寛延2年(1749年) 板倉勝清                   → 上野安中 2万石
寛延2年(1749年) 本多忠央 三河挙母 1万石
宝暦8年(1758年)                          → 改易
宝暦8年(1758年) 田沼意次 相模高座大住 5千石 → 1万石(のち2万石→5万7千石)
天明6年(1786年) 田沼意明                   → 陸奥下村 1万石
              天領
文政6年(1823年) 田沼意正 陸奥下村 1万石 → 1万石
明治1年(1868年) 田沼意尊                   → 下総小久保 1万石


牧之原市相良資料館が建つ地が本丸跡で、小学校校門脇に二の丸の土塁が残存。
非常事態宣言下だけど資料館は開館していてパンフレットを入手できた。





関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment