FC2ブログ
13
2021

ミセス・ノイズィ

CATEGORY映画―邦画







ミセスノイズィ
母親として日々家事をこなし、小説家としても活動する吉岡真紀は、スランプに陥っていた。
あるとき彼女は、隣人の若田美和子から嫌がらせを受けるようになる。
真紀は美和子がわざと立てる騒音などでストレスがたまり、執筆が進まず家族ともぶつかってしまう。
真紀は状況を変えようと、美和子と彼女からの嫌がらせを題材にした小説を書き始める。



デビュー作以来ヒット作がなく、スランプ気味の小説家・真紀。
転居したアパートで執筆中の真紀の耳に入ってきた騒音 ―― ベランダに出た真紀が見たのは早朝から布団を叩く隣人・美和子の姿。
注意しても止まない連日の騒音に真紀のストレスはたまる一方。
真紀は従兄弟・直哉からのアドバイスで、それをネタに小説を執筆し始めた。
更に美和子と真紀のやりあいの動画を直哉がSNSにアップし炎上した事で事態は思わぬ事態を招くことになった。



真紀の視点に続いて、美和子の視点で描かれる序盤の展開、その後どうやって物語を収斂させていくのか、ハラハラしながら観入ってしまったけれど、そのストーリー展開は見事だった。
笑ってたのは前半だけで、次第に胸熱になって泣かされて、何か不思議な納得感と云うか共感してしまった。

心に余裕が無いから想像力が働かない。
心に余裕が無いから不寛容になる。
揺らぐ己の常識、あっちが非常識。
私が正しい・・・・に決まってる。
大仰ですがどんな物語も悲劇になるし喜劇になるんですよね。
いやー面白かった。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment