FC2ブログ
16
2020

2020秋 戦国を歩く 9.豊川稲荷








豊川稲荷01
[豊川稲荷]
嘉吉元年(1441年) 曹洞宗法王派・東海義易による創建。
天文5年(1536年) 今川義元が山門を寄進。 これが現存最古(写真上)
明治4年(1871年) 神仏分離令の取り調べでは、西大平藩が政府と折衝したお陰で穏便な取り扱いに。
豊川稲荷02
戦国時代は名だたる武将から帰依を受け、江戸時代に入ると、大岡忠相・渡辺崋山らが信仰する立身出世、盗難避けの神として人気を集めた。

到着したのは雨上がりの午前10時。
境内は人もまばらで、表参道は開店してる店舗も僅か。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment