FC2ブログ
03
2020

2020秋 戦国を歩く 4.長篠設楽原合戦古戦場







長篠01
長篠設楽原SAからアクセス出来るのが、織田信長の本陣跡。
ここかなりの安全圏(笑)。
長篠02
対して徳川家康の本陣は丘陵にこそあるものの、武田最強の山県昌景軍と対峙して、その距離僅か250メートル

長篠03
激戦地近くに再現された馬防柵で前方には田圃と云う天然の障子堀。 

織田・徳川連合軍3万8千は川に沿って丘陵地が点在する地形を利用して、川の両側を削って傾斜を厳しくした上で、土塁を築いて、その上に馬防柵を設置した。

それ解っていて攻撃を選択したのが武田勝頼。
どちらも単なる勝ち戦を目指した訳ではなく、殲滅戦を意識したと云われる。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment