FC2ブログ
27
2020

プリズン・エスケープ

CATEGORY映画-欧州







プリズンエスケープ
南アフリカ。白人でありながら、反アパルトヘイト組織であるアフリカ民族会議(ANC)の隠密作戦に参加したためにプレトリア刑務所に投獄されたティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)とスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)。
最高レベルの警備体制が敷かれる所内で脱獄の手段を模索するティムたちは、木片を集めて作った鍵で出口までの扉を一つずつ解錠しようとする。木製鍵を次々と作成する二人だが、看守の監視の目が厳しくなっていく。



白人でありながら反アパルトヘイト活動に参加したティムとスティーブンは逮捕され、それぞれ12年、8年の懲役刑となってしまう。
政治犯を収容するプレトリア刑務所は難攻不落と云われるが、長い刑期を全うする気のない二人は脱獄を模索する。
やがてティムは出口までの多くの扉全ての鍵を木片を制作、解錠しての脱獄を決意する。



実在した脱獄劇の映像化。
鍵を作っては試し、また作っては試し、一つ扉開けたら次の鍵へ。
看守の目を盗んでの試行錯誤 ―― この過程は中々スリリングなんだけれど、対する刑務所の所長以下看守の面々がチョット間抜けすぎ。
ティム以下、3人が脱獄成功した挙句に国外逃亡を果たした訳ですが、刑務所職員の処罰と、ティム達の家族に累は及ばなかったのかな。

脱獄してロンドンに渡ったティムが、再び南アフリカの土を踏んだのは12年後だったとか。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment