FC2ブログ
29
2020

2020 夏の北関東歴史旅 9.多気城








多気城01
[多気城]
栃木県宇都宮市 (標高377m /比高200m)

康平6年(1063年) 宇都宮氏祖 藤原宗円が築いたという伝承
文明4年(1472年) 多気兵庫守の居城であったという記録。
天正4年(1576年) 大改修の記録 
             宇都宮国綱が家督を継いだ時期で、この辺りで宇都宮城から本拠を移したのかも。
天正18年(1590年) 小田原征伐~宇都宮仕置で所領を安堵され宇都宮に本拠を戻した。
慶長2年(1597年) 宇都宮国綱は突然の改易。多気城は廃城。


多気城02
多気不動尊手前の駐車場向かいから登城したけれど、完全にトレッキング。
草ボウボウの中、無数の曲輪が配されている事は解ります。
多気城03
頂上は芝生で中々の景観。
不動尊目指しての下りになって、土塁・空堀が確認できた。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment