FC2ブログ
22
2020

テッド・バンディ

CATEGORY映画-米







テッドバンディ
1969年、ワシントン州シアトル。シングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)は、バーでテッド・バンディ(ザック・エフロン)と出会う。
やがて彼女はテッドと暮らすようになり幸せをかみしめていたが、誘拐未遂事件の容疑でテッドが逮捕されてしまう。
突然の出来事に戸惑うリズは、別の誘拐事件でテッドの愛車フォルクスワーゲンらしき車が目撃されていたことを知る。
テッドは誤解だと説明するが、数々の事件への彼の関与が判明する。



IQ160のイケメンサイコパスで殺害した人数は少なく見積もって36人。
シリアルキラーの語源となったテッド・バンディを描いた物語。

誰が見ても凶悪だし卑劣なんだけれど、シリアル(淡々と)に殺害を繰り返す本人に全く自覚がない。
裁判の経緯から、脱走中の行動に関しても究極自己中理路整然の極み。
死刑になったものの、どこまで"罪"の自覚があったのか。
面識があったり、恋愛関係になった女性は殺害しなかったというのは、最低限の理性と抑制はあった訳ですよね。
映画とは云え、不思議な興味を抱いて見入ってしまった。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment