FC2ブログ
06
2020

ロボット2.0








ロボット20

インド全国からスマートフォンが消失し、携帯電話業者や通信大臣が次々と殺される。
バシー博士(ラジニカーント)は消えたスマートフォンの行方を助手ニラー(エイミー・ジャクソン)と共に調査すると、それらが合体して巨大怪鳥に姿を変えていたことがわかる。怪鳥は人々に襲い掛かり軍隊が出動するが、圧倒的パワーを前に何もすることができない。
これ以上の被害を出すわけにはいかないと、バシー博士は封印していたロボット・チッティを復活させようとする。


一人の男が人生に絶望して電波塔で首吊り自殺した。
その後、インド国内から全てのスマートフォンが宙を舞い消失する事態が発生し、通信関係の大臣や業者が相次いで殺害される。
バシーガラン博士と助手のニラー(アンドロイド)が調査した結果、犯人はインド国内から消えたスマートフォンが合体して巨大怪鳥ロボットだった。
軍隊も歯が立たない為、博士は封印していた最強ロボット・チッティを復活させる。

大ヒットした前作は未見だけれど、それでも十二分に楽しめた。
インド映画ならではの奇想天外な発想。
インド映画だから納得の破天荒で意表を突いたロボット設定
インド映画だからという訳ではないけれど、度肝を抜かれたまんま楽しく笑えた150分。
これは週末お薦めの一本です。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment