FC2ブログ
16
2020

わたしに会うまでの1600キロ

CATEGORY映画-米







わたしにあうまで
砂漠と山道を徒歩で旅することにしたシェリル(リース・ウィザースプーン)。
旅をスタートさせる少し前、シェリルは母の死を受け入れられず、薬と男に溺れる日々を送り、結婚生活は崩壊してしまう。
シェリルは人生について思い直し、自分自身を取り戻そうと決意。
こうして彼女は旅に出たが、寒さが厳しい雪山や極度の暑さが体力を奪っていく砂漠が彼女を苦しめ……。


母親が死んだショックから立ち直れないシェリルは、優しい夫がいるにもかかわらず、浮気して薬に手を出して離婚する事になった。
そんなシェリルが人生をリスタートするためにチャレンジしたのがパシフィック・クレスト・トレイル。アメリカ西海岸を南北縦断する遊歩道の距離は1600キロ!

登山の経験はない。
トレーニングした事ない。
シェリルはぶっつけ本番で1600キロ踏破に挑んだ。



父親のDVから逃れて母子家庭だったシェリルにとって反発しつつも特別な存在だった母親。
その母親の病死の衝撃が尋常ではないとしても、優しい夫の対応が意に沿わなかったとしても、浮気しまくったり薬物に手を出すのは意味解らん。
離婚して人生やり直しに1600キロトレイルに挑戦する発想も尋常じゃない(笑)。
旅が苦しく辛い時にシェリルは過去を回想する ―― 内省。
これを繰り返した末のゴール ―― 新しい自分を見つけたかどうかは微妙だと思うけれど、何処か突き抜けた感は有ったエンディング。
大ヒットしたシェリル・ストレイドの自伝小説映像化なんだけれど、まぁワイルドと云うか、破天荒な方ですね。








 
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment