FC2ブログ
07
2020

LAND OF MINE ヒトラーの忘れ物

CATEGORY映画-欧州








ヒトラーの忘れ物
ナチスドイツが降伏した後の1945年5月、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた地雷を撤去するため、ドイツ兵の捕虜が投入される。
まだ幼さの残る10代の少年兵たちを監督するデンマーク軍軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は、徹底して彼らをこき使おうとする。だが、少年兵たちは誤爆や撤去作業の失敗で次々と命を落とし……。



第2次大戦終結後のデンマーク。
ナチスドイツがデンマーク海岸線に埋伏した地雷は150万個。
この地雷の撤去に2000人のドイツ兵捕虜が投入されることになった。
ラスムスン軍曹が担当する地域に投入されたのは少年兵で、ラスムスンは厳しく監督指示するのだが、一人一人と撤去誤爆で命を落としていく。
やがてラスムスンの心境に変化が生まれた。



過酷な仕事の最中に消息不明な家族を思い遣る少年、帰国後に夢馳せる少年。
当初厳格だったラムスロンも最期は軍人としての矜持よりも、人間としての情が勝った。

2000人の殆どが取り残された少年兵で、その半数が死亡もしくは重傷を負ったと云う。(かなり大雑把な統計)
いくらナチスドイツに恨みつらみが有るとは云え、他国に置いてけぼり喰らった少年兵に対するその仕打ちは流石にバイキングの末裔かな。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment