FC2ブログ
12
2020

ワン・モア・ヌーク

CATEGORY書籍







ワンモアヌーク
「ワン・モア・ヌーク / 藤井太洋」
(「BOOK」データベースより)
「核の穴は、あなた方をもう一度、特別な存在にしてくれる」。原爆テロを予告する一本の動画が日本を大混乱に陥れた。
爆発は3月11日午前零時。福島第一原発事故への繋がりを示唆するメッセージの、その真意を政府は見抜けない。
だが科学者と刑事の執念は、互いを欺きながら“正義の瞬間”に向けて疾走するテロリスト二人の歪んだ理想を捉えていた―。戒厳令の東京、110時間のサスペンス。



舞台は2020年3月、夏にオリンピックを控えた東京。
原爆を製造するに至った服飾デザイナー但馬樹、プルトニウムを持ち込んだイラクの物理学者イブラヒム。
亡国のテロリストにはそれぞれに彼等なりの大義があった。

その二人を追うのはIAEAの舘埜と、警視庁公安の早瀬&高嶺。
どちらも正義 ―― 職務の矜持でテロリストの大義と対峙した。

一気読み出来たのはリアリティから。
そのリアリティは本当に間近で、すぐそこに有るディストピアだから。

"コロナ"がディストピアを想像させる昨今。
色々考えるのにお誂え向きな1冊です。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment