FC2ブログ
08
2020

レッドファミリー

CATEGORY映画-韓国







レッドファミリー
誰もがうらやむ理想の家族を絵に描いたような一家。
だがその正体は、母国からの密命を遂行するために韓国に潜入している北朝鮮の工作員チーム、ツツジ班だった。
表では仲むつまじい4人家族だが、玄関のドアを閉めると階級を重んじ、母国の命令を順守するスパイ集団となる。
何かと押し掛けてくる隣人一家を資本主義の隷属者と見下しながらも彼らに憧れを抱き、互いの階級を忘れて家族的な絆を育むようになる4人。そんな中、メンバーの一人が母国に残した妻子が脱北に失敗したとわかり……。



夫婦に子供一人に義父(義母) ―― 同じ家族構成で並ぶ二軒。
その一軒の正体は北朝鮮工作チーム"ツツジ班"で、普通の生活を送りながら母国からの指令をこなす日々。
ガサツでだらしない隣家を軽蔑していた彼等だったが、何処かで羨望を覚えていた。
やがてチームは疑似家族ながらも、家族愛をはぐみ始めていた。

そんな折、夫役キムの妻子が脱北を計り失敗した連絡が入る。
キムを救うべく、妻役でリーダー・キムの発案で、或る脱北者グループを暗殺した。
ところがそのグループは背後関係を探るために敢えて泳がせていた案件で、チームは苦境に立たされてしまう。



北朝鮮にいる家族は言わば人質。
自分達が頑張るからこそ、家族は高待遇生活を送る事が出来るが、しくじれば労働者階級降格で最悪収容所送り。
思想があり訓練され覚悟してやってきた筈が韓国生活で揺らいでくる。
そんな懊悩する彼等と隣家の関係を、コミカルとシリアスに緩急つけてバランス良く描いた末に、どういうエンディングにするかと思っていたら、あまりに悲しく切ない結末。

国家や思想なんかよりも大切なものに気がついた。
それを守りたかったけれど守れなかった彼等の物語はまさしく"哀歌"でしょう。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment