FC2ブログ
20
2019

スペシャルアクターズ

CATEGORY映画―邦画







スペシャルアクターズ
売れない役者の和人は、超能力ヒーローが活躍する映画が大好きだった。
ある日、和人は久しぶりに会った弟から「スペシャル・アクターズ」という俳優事務所を紹介される。
演じることならどんなことも引き受ける事務所に、カルト集団から旅館を守るという仕事が舞い込む。
ところが和人は、極限まで緊張すると気を失うという体質で、それを秘密にしていたため、この依頼の中心メンバーに選ばれてしまう。



売れない役者の和人は緊張すると失神してしまう体質で、この日もオーディション中に失神して落選しまう。
失意の和人は路上で偶然弟宏紀に再会し、スペシャルアクターズと云う俳優事務所を紹介される。
この事務所は普通の仕事の他に、依頼者の抱えるトラブルを演技によって解決する"何でも屋"を兼ねていた。
和人が事務所を訪ねたところに、「実家の旅館をカルト宗教から守って欲しい」という仕事が舞い込んだ。
依頼を引き受けた事務所スタッフが立案したシナリオは、和人が中心としたものだった。
悩んでいた和人も、かかりつけの心療内科医師に背中を押され覚悟を決めた。
まずは宗教の集会に潜入する事になる。



「カメ止め」は映画中盤でのどんでん返し、こっちは最後の最後に持ってきた。
演出とか演技なんかは微妙なんだけれど、脚本はよく練られていて不思議と引き込まれた感じ。
有名監督のあざとさが垣間見える大作なんかよりも、係わった人間全ての情熱が伺える、こういう壮大な茶番劇は楽しいっすね。(最大に誉めてる)


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment