FC2ブログ
09
2019

アド・アストラ

CATEGORY映画-米







アドアストラ
地球外知的生命体探求に尽力した父(トミー・リー・ジョーンズ)の背中を見て育ったロイ・マクブライド(ブラッド・ピット)は、父と同じ宇宙飛行士の道に進むが、尊敬する父は地球外生命体の探索船に乗り込んだ16年後に消息を絶つ。
あるとき、父は生きていると告げられ、父が太陽系を滅亡させる力がある実験“リマ計画”に関係していたことも知る。



巨大宇宙アンテナ建造施設で作業中のロイは突然の"大規模電磁嵐≒サージ"で危うく命を落としそうになる。
ロイが少年の頃に父クリフォードは、地球外生命体探査ミッションであるリマ計画遂行中に消息不明となっていた。

宇宙軍の上官に呼び出されたロイに告げられた機密情報 -- 父クリフォードが生存している。更にサージの原因は父クリフォードにある。
クリフォードとのコンタクトを指示されたロイは、父の旧友ブルイット大佐と共に経由地月へ向かうのだが、月は資源を巡る争いから無法地帯が発生する事態となっていた。
負傷して火星行を断念したブルイットが警告する ―― 「軍は君を信じていない」と。
火星基地から強引に乗り込んだ冥王星行き宇宙船に搭載されていたのは核爆弾で、ロイは宇宙軍の思惑を知る。



宇宙モノは大好きなのでたちまち引き込まれたものの、途中から何だかよく解らないうちに映画が終わってた(笑)。
父子の葛藤、邂逅からロイが秘めてきた呪縛の開放等、人間ドラマを描きたかっただけで宇宙じゃなくても良いよね。
全てに於いて奥行がない不完全燃焼な映画・・・・・宇宙空間に奥行あったわ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment