FC2ブログ
04
2019

工作 黒金星と呼ばれた男








工作
1992年、軍人のパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北朝鮮の核開発の実態を把握するため、コードネーム「黒金星」という工作員として北に潜入する。
3年にわたる慎重な工作活動の末、彼は北朝鮮高官や上層部と確固たる信頼関係を築く。
しかし1997年、大統領選挙をめぐる祖国と北側の裏取引によって、命懸けで行ってきた工作活動の意味がなくなってしまう。



急速な核開発を進める北朝鮮に対し、韓国はその実態を探るべく新しい工作員を派遣を計画した。
安全企画局チェ室長が指名したのは軍部のパク・ソギョン少佐。―― 彼についたコードネームは「黒金星(ヴィーナス)」
身元素性を完全消去した後、パクは事業家として北朝鮮政府高官に接近を謀る事になる。

金正日側近のリ・ミョンウン所長と面談の末に信頼を勝ち取り、遂に北朝鮮訪問、更に金正日との面会まで果たしたパク。
折しも韓国本国では大統領選が近づいていた。
キム・テジュン優勢に危惧を抱いた安全企画局は金正日との裏取引を画策した。



90%が実話だと云う政治サスペンス。
愛国心を抱いた男と男のドラマに、政治的な駆け引きを交差させた骨太なドラマは、アクションシーンはないけれどスリリング満載。
未だ南北分断の中で、ここまで描いちゃう度胸も凄いなぁ。
物語の軸の一つはパク少佐とリ・ミョンウン所長の国家を超えた友情の物語。
こちらの描き方には感動した。
リ・ミョンウン所長は生存されてるのかな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment