FC2ブログ
22
2019

よこがお

CATEGORY映画―邦画








よこがお
周囲から信頼されている訪問看護師の市子(筒井真理子)は、訪問先の大石家の長女で介護福祉士を目指す基子(市川実日子)の勉強を見ていた。
市子は基子が自分に憧れ以上の感情を抱いていることを知らなかった。
ある日、基子の妹のサキが失踪する。その後サキは保護されるが犯人として逮捕されたのは思いも寄らない人物だった。
事件への関与を疑われた市子は理不尽な状況に追い込まれ、全てを失ってしまう。




美容院で髪を染めてもらう女性 ―― リサ
指名した美容師米田には何処か見覚えがあるのだが、リサは否定する。
後日、路上で偶然を装って米田と出逢ったリサは、米田と連絡先を交換する。

リサ=市子は訪問看護師。
訪問先の大石家の長女基子が介護福祉士を目指しているということで、その妹のサキと一緒に勉強を見てやっていた。
或る日、いつものように3人で喫茶店で勉強をしている処に市子の甥・辰男がやってきた。
市子に頼まれた本を持ってきて、そのまま旅行へ出かける辰男。
その日からサキが行方不明になり一週間後保護される。
そのサキを誘拐した犯人は辰男だった。

市子は基子の母に真実を話そうとするが、基子に止められる。―― 基子は何時しか市子に親しみ以上の感情を持っていた。
基子に気を許していた市子は様々な話をしていた。―― 婚約者の事、甥・辰男の事。

やがて匿名の通報で市子が犯人の親戚であることがマスコミにバレ、大石家も出入り禁止、職も失い、婚約者も去っていった。
程なくして情報を流したのが基子だと知る市子。―― 何で!?



追い詰められた市子の復讐が基子の恋人・米田を寝取る事。
そこで冒頭のシーンに繋がるのだけれど、なんともやるせないエンディングに繋がっていた。
理不尽で不条理な事態に直面した時、絶望の挙句に深淵を覗いた時、その横顔は本人でも解らないんじゃないかな。
どこか悲喜劇テイストで後味悪いんだけど、見ごたえは抜群だった傑作。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment