FC2ブログ
21
2019

2019 東海歴史旅 3.小島陣屋








小島陣屋
[小島陣屋] (国史跡)
小島藩初代松平信孝は、形原松平家から駿府城代であった大叔父松平重信の養子となり、出世重ねて1689年、1万石となり諸侯に列した。
小島陣屋は宝永元年(1704年) 小島藩2代藩主の滝脇松平信治による築城。
慶應4年(1864年) 明治維新で強制移封されるまで11代の本拠に。
因みに藩成立から借金だらけの貧乏藩で、宝暦年間には増税に抗議して一揆起こされた挙句に増税撤廃。

5000坪の敷地に城郭並みの縄張りと石垣の遺構。
これ凄く想像力を揺さぶれるんだけど、復元図とか図面残ってんのかな。
復元したら凄いと思うんだけど、敷地は既に私有地だったりして(~_~;)



東海道興津宿から身延街道を登った西側丘陵。
国道52号線小島南交差点に案内板有り。
もう少し登ったところに御殿書院が移築されている。見忘れたけどね。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment