FC2ブログ
21
2019

2019 上越越中歴史旅 ~ 11.松倉城








松倉城01
弓庄城から県道137号を北上、高速から良く見えるスギノの社屋前を通り、早月川を渡り案内表示に従って、66号宇奈月大沢野線をひたすら登ります。ここまでは狭いけれど普通の田舎道。

角川ダムの先を鋭角左折してから山頂駐車場までが結構しんどかった。
道は舗装されているし、行き違い時の待機スペースも各所に有る。・・・・けれどもガードレールが少ないし、落石半端ない。
運転自信のない方は無理。

行き止まり駐車場には3台先客が有って、器用に取り回して縦列駐車しておった。
因みに先客の皆様は城郭見学よりも山野草採集。

[松倉城]
1335年 井上俊清(普門利清?)による築城と云われる。
南北朝末期、越中守護北条朝時の被官として入国した椎名氏が入城し以後居城に。その後守護畠山氏から守護代に任命される。
戦国に入り、没落した畠山氏からの独立を画策するも失敗した挙句、台頭してきた神保氏との抗争に。
越中に侵攻してきた上杉氏に降ったが、後に武田の調略で上杉氏に背いた。
一度は調停で帰属したものの、再び上杉に反旗を翻した。
今度は許されず、 永禄12年(1569年)上杉謙信によって攻められ落城、当主椎名康胤は逃亡した。
以後、上杉氏の越中支配の拠点なるが、天正10年(1582年)織田氏に攻められ落城した。
江戸時代に入り廃城。

松倉城03 松倉城04 松倉城05
標高430m(比高360m)で尾根伝いに数多くの支城を有する越中最大の城郭群と云われる。
この城郭群で負けるのは致命的に兵が少ないのか、余程の戦下手か。
松倉城06
松倉城07
松倉城08
眺望は抜群




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment