FC2ブログ
20
2019

2019 上越越中歴史旅 ~ 10.弓庄城









呉羽丘陵を下り、富山市街地を抜けて上市町へ。
路面電車が走る光景って新鮮。
弓庄城01
[弓庄城]
戦国時代に土肥氏による築城。
南北朝時代に相模よりやって来た土肥氏は、堀江荘を本拠としていたが弓庄城を築き本拠を移した。

室町時代は畠山氏の元で活躍したものの、畠山氏が没落すると神保氏・椎名氏に圧迫されるようになり、越後の長尾氏を頼るようになる。
更に時代が下ると、その他越中国人領主同様、上杉から織田に従属したり上杉に再帰属したり。
天正11年、佐々成政の大攻勢には敵わず開城して越後へ退去。
弓庄城02
本丸跡地に歴史資料館
後方の小山が佐々成政が布陣した郷田砦跡地
弓庄城03 弓庄城04
土肥氏家臣が江戸時代に入ってから記した図面を基に再現した模型。
相当誇張されていると云う話です。

歴史旅01歴史旅02


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment