FC2ブログ
14
2019

2019 上越越中歴史旅 ~ 6.古国府城








古国府城01
[古国府城]
1573年以前に越中守山城の支城として築城。
目前に伏木港があるので監督する意味合いが有ったかもしれない。

1584年、佐々成政は豊臣秀吉対策として、越中一向一揆勢力を味方につけるべく、城を破却して敷地を勝興寺に寄進。
成政が秀吉に降伏したのちも、領主となった前田利家は勝興寺を手厚く保護した。

勝興寺周囲の土塁や空堀が当時の遺構。
勝興寺の唐門は京都興正寺の移築門で重要文化財。
古国府城02 古国府城03
ここにも大伴家持像
古国府城04

古国府城05
現在大規模修繕工事中なんで裏手には回らなかった。行けたのかな。
古国府城06
伏木駅まえには、義経と弁慶の像「義経記 如意の渡」




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment