FC2ブログ
03
2019

王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン






週末は出張につき、本日予約投稿です。試合レポは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/山口   それぞれご参照下さいな。


王朝の陰謀 闇の四天王
国家の危機を救った功績により、皇帝からこの世で最強の神剣「降龍杖」を授かった判事ディー。
その剣を我が物にしようとする皇后・則天武后からディー襲撃の命を受けた司法長官ユーチは、女剣士の水月ら異人組を雇い入れる。
しかし、宮殿の柱に彫られた巨大な黄金龍に突如として命が宿り、異人組を襲うという謎の事件が発生。
封魔族が妖術で人々を操っていることを突き止めたディーは、三蔵法師の弟子ユエンツォー大師と医官シャトーとともに戦いに挑む。



相次ぐ国家危機を救った功績を認められた判事ディーに下賜されたのは隕石から鋳造した神剣「降龍杖」。
これに対し、まだ権力奪還を諦めていない則天武后は甚だ面白く無い。
則天武后は司法長官ユーチに奪還を命じ、刺客異人組を強引に授けた。
親友ディーとの対決を回避したいユーチに対して、異人組は勝手にディー攻撃を始める。

そんな最中、宮中にて柱に彫られたドラゴンが突然動き出し異人組を襲う事件が発生する。
ディーは事件の真相に、唐建国に貢献したものの抹殺された封魔族が関与していることを突き止めた。
師匠にあたるユエンツォー大師に助けを求めたディーは封魔族と決戦に挑むことになる。



「中国版シャーロック・ホームズ・判事ディー」シリーズの最新作は、オープニングからエンディングまでドキドキワクワクが止まらない。
歴史に、伝奇に、ミステリーに、アクションに、サスペンスに、美人に、と男子が大好きなテイスト満載で最高に面白かった。

実在したディーこと狄 仁傑(てき じんけつ)は、科挙合格後に頭角現わして、高宗時代に抜擢されて朝廷参内するまでに。
その後、左遷されたものの則天武后に呼び戻されて、皇室簒奪・武周時代も宰相務めた。
公正明大な行政手腕はもとより、正論原理が過ぎるから度々対立したものの、筋は通っているから則天武后も反論できない。
そんな狄 仁傑を重用した則天武后もなんだかんだ言って凄い人物だったかな。

続編が凄く楽しみ。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment