FC2ブログ
26
2019

蛍・納屋を焼く・その他の短編

CATEGORY書籍







蛍・納屋を焼く他
(「BOOK」データベースより)
秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。
ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。
でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった…。
もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。


村上春樹の初期短編集は「ノルウェーの森」の原型となった「蛍」、映画「バーニング」の原作「納屋を焼く」他を収蔵。
「蛍」は読んだ誰もが「あぁ、」と唸る筈。
これはこれでドラマ化してほしいな。

「納屋を焼く」で描かれたのは"静謐で不穏な空気"。
これを膨らませてどんな映画になるんだろうか。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment