FC2ブログ
24
2019

マイル22

CATEGORY映画-米







マイル22
人類にとって非常に危険な物質が、何者かに奪われる。
その行方を知るリー・ノアー(イコ・ウワイス)が、重要参考人としてインドネシアのアメリカ大使館に保護される。
彼の命を狙って多数の武装勢力が迫っていることがわかり、国外に脱出させるため、ジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊が、大使館から空港までの22マイルを護衛することになる。



アメリカ国内、ロシアの諜報基地"セーフハウス"を急襲したシルバ率いるCIA特殊部隊。
ロシア諜報員の思わぬ抵抗を受けて任務は"確保"から"殺害"に変更。
シルバが射殺したのは18歳の少年だった。

その18か月後、CIA機密特殊部隊の面々は東南アジア某国のアメリカ大使館にいた。
任務は消息不明のセシウム4㌔確保だが、情報源による捜査は空振りに終わった。
焦る面々の前に、その情報源だったリー・ノアがやって来た。―― セシウムの在処を隠したハードディスクと共に。
リー・ノアの条件は自身のアメリカ亡命で、出国すればハードディスクのロックを解除すると言う。
シルバ以下特殊部隊はリー・ノアの命を狙う武装組織と戦闘を繰り広げながら、22マイル先の空港を目指すことになる。
この状況の一部始終をロシアの航空管制機が上空から監視していた。



事前情報何もなく鑑賞したら、これが中々手の込んだスパイアクションで、終盤の二転三転する展開は面白かった。
「レイド」のイコ・ウワイスが出てくるので戦闘シーン・格闘シーンはやっぱり楽しかった。
人物背景、組織設定の扱い方含めて脚本が少し雑だけれど、予想外のエンディングは続編への伏線。
次作への期待は大きいよ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment