FC2ブログ
16
2019

蜘蛛の巣を払う女

CATEGORY映画-米








蜘蛛の巣を払う女
凍てつく冬が訪れたストックホルムで、天才ハッカーのリスベット(クレア・フォイ)に、人工知能研究の権威バルデル博士から依頼が舞い込む。
その内容は、彼自身が開発した核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局から取り戻すというもの。
彼女の能力からすれば容易い仕事だったが、これは彼女への復讐を目論む生き別れた双子のカミラ(シルヴィア・フークス)が仕掛けた罠だった。



森林の中の巨大な邸宅。
チェスに興じる双子の姉妹が父親に呼び出される。
双子の姉リスベットは、父親を拒絶して妹カミラの目の前で窓から転落、そのまま森の中に消えた。

16年後、天才ハッカーとして名を馳せるリスベット。
彼女の元にバルデル博士から仕事のオファーが舞い込む ―― 彼の開発したプログラムをアメリカNSAから奪還する事。
容易く仕事をこなしたリスベットを謎の組織が急襲、更にアメリカからNSAスペシャリスト・ニーダムがスウェーデンにやって来た。

盗まれたシステムと、バルデル父子を追うリスベットは、ロシア犯罪組織「スパイダーズ」の存在を知る。
やがてスパイダーズとの争いの最中、リスベットはスパイダーズの支配人を見て驚愕する ―― 亡くなった筈の双子の妹カミラがそこにいた。



北欧の冷たさ、自然の美しさをそのまま投影させたリスベットとカミラの存在感。
物語もその空気を纏って、二転三転するスリリングな展開に連続するアクションシーン。
スピーディーながらもよく整理された脚本であっという間の2時間だった。
ただし、リスベットからは神秘性、怜悧冷酷さが鳴りを潜めて極々普通の女性に。
全米で大不振の要因の一つかな。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment