FC2ブログ
10
2019

ヘルフロント

CATEGORY映画-欧州








ヘルフロント
1918年3月18日。イギリス軍はフランス北部のサン=カンタンで、塹壕にこもって敵のドイツ軍と対峙していた。
攻撃が近いという情報が飛び込み動揺が広がる中、スタンホープ大尉は、補充兵として着任した故郷の恋人の兄ラーリー少尉と再会する。
喜びもつかの間、彼らは偵察のために敵陣に乗り込む。



第一次世界大戦、フランスの最前線。
イギリス軍は目と鼻の先のドイツ軍とそれぞれ塹壕に籠って対峙していた。
補充兵として着任した青年将校スタンポープは知己ラーリーの部隊を志願し再会を果たす。
ドイツ軍が強大な援軍を投入する情報を得た上層部は、ドイツ軍将校を捕虜にする作戦を立案。
その実行部隊にラーリー少尉の部隊が指名された。



通称"春季攻勢"直前の4日間の物語。
スタンポープがラーリー部隊を志願した際、上層部は難色を示していた。
それはラーリー少尉がスタンポープが知るラーリーではなかったから。
塹壕から僅かに顔を出しただけで狙撃される最前線。
後退を許されない現場で指揮する極限の緊張感が、彼をアルコール中毒にしてしまった。
塹壕内で繰り広げられる人間物語が、青年将校スタンポープを次第に変えていく。
密室劇的展開の圧迫感から、一気に蹂躙された戦場を俯瞰で迎えるエンディング。
虚無感、無常観半端ない。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment