FC2ブログ
27
2018

スカイライン -奪還-

CATEGORY映画-米







スカイライン2

世界は、突然現れ人々を吸い上げる宇宙船によって混乱状態に陥っていた。
ロサンゼルス市警の刑事マーク(フランク・グリロ)も息子のトレント(ジョニー・ウェストン)と一緒に宇宙船に吸い込まれるが、エイリアンになった後も人間の心を失わずにいたジャロッドと出会い、船を破壊することに成功する。
だが宇宙船は、彼らを乗せたまま内戦中のラオスに墜落してしまう。
マークは生後間もないジャロッドの娘を連れて宇宙船から脱出し、スア(イコ・ウワイス)率いる反政府組織のアジトに身を隠す。




休暇中の刑事マークが訪れた職場。
ただし仕事ではなく補導された息子トレントを引き取るため。
同僚と旧交温めた後、地下鉄でエイリアン来襲を知る。

宇宙船内に吸い込まれてしまったマークは、人間の脳髄を引き抜いて人造エイリアンに埋め込み"パイロット"を製造する現場を目撃する。
そこで出会ったのが人間の理性を保った"パイロット"=ジャロット(征服編の主人公)だった。
ジャロットに導かれて、出会ったのは宇宙船内に隠れていたジャロットの恋人エイレン。
妊娠していたエイレンは出産直後に死亡し、ジャロットもエイリアンのリーダーに殺害されてしまう。
マークは赤ん坊を保護した状態で仲間と合流したものの、息子トレントは"パイロット"にされてしまう。
マーク達によって半壊した宇宙船はラオスのジャングルに不時着。
脱出したマーク達は反政府ゲリラに遭遇、彼らのアジトに逃れた。



低予算ながら大々ヒットした「スカイライン -征服- 」の続編は、征服編とほぼリアルタイムで別角度から描いた作品。
征服編の主人公ジャロット登場で「おぉっ」と唸ったら、あっさり死んじゃうし、ラオスでの決戦シーンは既視感アリアリな上、有り得ない感MAX。
そんな感じでB級テイストを更に大胆な展開に持って行って・・・・・浴びせ倒し!
観ている方は唖然しつつも、その勢いに納得。
そんな感じ。
鑑賞直後は「有り得ない」とか思ってたけれど、後からじわじわ来てるから不思議なんだな。
とりあえず征服編を観直そうと。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment