FC2ブログ
26
2018

寝ても覚めても

CATEGORY映画―邦画







寝ても覚めても
麦(東出昌大)と朝子(唐田えりか)は恋に落ちるが、麦は彼女の前から突然居なくなってしまう。
それから2年がたち、彼女は麦との思い出が残る大阪を離れて東京で暮らし始める。
ある日、麦と外見はそっくりだが性格の違う亮平(東出昌大)と出会う。
麦のことを忘れられないがゆえに彼を避けていたが、一方の亮平はそんな彼女に強く惹かれる。
亮平と接するうちに彼に惹かれていく朝子だったが......。



ある展覧会で出会い、帰り道にふとしたことから恋に落ちた朝子と麦。
友達の春代と岡崎を交えた、ほのぼのした付き合いが始まるが、或る日突然、麦は朝子の前から消えてしまう。

2年後の東京。
喫茶店で働く朝子は、隣のオフィスビルに勤務する麦と瓜二つの男性、亮平に出会い衝撃を受ける。
ひょんなきっかけから言葉を交わすようになるが、どうしても亮平に麦を重ねてしまう朝子。
紆余曲折の結果、二人は交際を始める。

同棲して5年の月日が経った。
大阪本社に戻る話が出た亮平が朝子にプロポーズ。
受け入れた朝子は街で春代に再会して、春代から人気モデルになった麦の現在を知らされる。
動揺する朝子を更に混乱させる事態 ―― 麦が突然現れた。



脚本、演出、キャスト・・・・全てが本当に良かったと思う。
唐田えりかの抜擢は大正解だし、東出昌大はハマってた。
ただ、元々のプロットが壮絶。
男性視線では到底受け入れられない朝子の行動。
女性視線ではどこまで許容範囲なんでしょうか。

終盤、ドン引きしながら見入った挙句、何とも言えない後味の悪さ。
まぁ、似たような経験したもんで、どうしても亮平に感情移入してしまってね。 ('◇')ゞ


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment