FC2ブログ
10
2018

2018 秋の歴史旅 11 ~ 大多喜城









大多喜城01 大多喜城02
久留里城から再び房総の山間を走って大多喜城へ。
この複雑な地形が里見の上総制圧を阻害したのは間違いないですね。
観光物産センター駐車場から二の丸公園を経ての登城。

大多喜城03
[大多喜城]
1521年 真里谷信清による築城で、一族の真里谷朝信が在城
1544年 真里谷朝信は里見家重臣正木時茂に討たれ、正木氏が入城
1581年 城主正木憲時は謀反疑われ粛清。里見家から城代が送られる
1590年 小田原征伐で上総は没収され徳川家の領地に
大多喜藩
1590年 本多忠勝  → 10万石  対里見家で大改修工事。完成するまで万基城使用
1601年   〃             → 伊勢桑名10万石
1601年 本多忠朝  分知5万石
1617年 本多政朝           → 播磨龍野5万石      
1617年 阿部正次  武蔵鳩ケ谷3万石  → 3万石
1619年   〃                         →相模小田原5万石
(4年間廃藩 ―― 僅か4年で建造物殆ど消失)
1623年 青山忠俊  武蔵岩槻5万5千石 → 2万石
1625年   〃                         →改易
1638年 阿部正能  分与1万石
1671年   〃            → 武蔵忍9万石
1671年 阿部正春  武蔵岩槻11万5千石 → 1万6千石
1702年   〃                             →三河刈谷1万6千石
1702年 稲垣重富  三河刈谷2万石 → 2万5千石
1702年   〃                         →下野烏山2万5千石  僅か21日だけの藩主 (-_-;)
1702年 大河内松平正久  相模玉縄2万石 → 2万石
以降8代で維新  

大多喜城06 大多喜城04
展望台(天守最上階)から眺めると、眼下に街が一望 /  本多忠勝で大河ドラマ絶賛誘致中

大多喜城05
大多喜高校に移築された薬医門。
展示室で地元に方から色々説明して頂いた。

大多喜城07
天守存在を巡って絶賛論争中らしい。

大多喜城08
いすみ鉄道大多喜駅




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment