FC2ブログ
04
2018

2018 夏のミニ歴史旅 4 ~ 金ヶ崎城+天筒山城








金ケ崎城15
[ 金ケ崎城 ] 
源平合戦(1180~1185)の際、平通盛が木曾義仲に備えて築城したのが始まり。

1336年 都落ちした恒良親王、尊良親王、新田義貞が入城して籠城戦となるも敗北。
       尊良親王、新田義顕が自害した。(恒良親王は捕縛)

金ケ崎城01 金ケ崎城02
捕縛された恒良親王と、自害した尊良親王を祀った金崎宮
金ケ崎城03 金ケ崎城04

金ケ崎城05
尊良親王慰霊碑
俺ちゃんの御先祖も南朝方の山賊です。
金ケ崎城06
月見御殿跡
金ケ崎城07
眼下にセメント工場
金ケ崎城08 金ケ崎城09
尾根伝いに天筒山城なんだけど境界線が良く解らん。
どの堀切が境なんだか。
金ケ崎城10
[ 天筒山城 ]
1336年 金ケ崎城に籠城した南朝方に対して北朝(足利氏)方が陣を引いたのが始まり。

戦国期は金ケ崎城の支城として朝倉氏が支配した。
1570年 天筒山城を落とした織田軍が朝倉軍の撤退した金ケ崎城に入った直後に浅井氏の裏切りを知り、後に[金ヶ崎の退き口]と呼ばれる退却戦が行われた。
センゴク3巻で描いておる。

金ケ崎城11 金ケ崎城12
ライフーゼロで展望台登れなかった。
「さよなら、ニルヴァーナ/窪美澄」の或る場面を想像する景色。
金ケ崎城13
敦賀湾一望
金ケ崎城14
明らかに太った(-_-;)







にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment