FC2ブログ
23
2018

2018 夏のプチ歴史旅 1 ~ 苗木城









土曜日が暑気払いセットの松本出張だったもんで宿泊。
早朝長駆東濃へ。

[ 苗木城 ] (続100名城-142番)
恵那郡は鎌倉初期から遠山氏の本拠地。
戦国期に入ると最初は、斉藤、武田と織田に挟まれ右往左往して、後半は豊臣vs徳川に翻弄された。
苗木城の築城時期は良く解らんけど、中世城郭スタイルとなったのは天文年間とされる。

1583年 兼山城の森長可に攻められ落城、一族は徳川家康を頼る。
       "ヒャッハー"な森一族に手を出したのは遠山氏の方が先だった。
1600年 苗木城主川尻秀長は西軍に付き、遠山友政が苗木城奪還。
       戦後は1万石で苗木藩立藩し、転封なく維新へ。
       江戸時代通して貧乏。
       準譜代として役番仰せつかったから尚更貧乏。
       父祖地にこだわり過ぎたからツケが回った感も有る。

苗木城01 苗木城02
史料館脇を少し登ると駐車場が有って、そこから僅かでこの光景

苗木城03 苗木城04

苗木城05 苗木城06
天然岩と石垣を組み合わせて平面地を確保して幾重にも曲輪を設けた構造。
一万石の城持ち大名は白漆喰を使用せず、土壁と板壁のみで構成した。
苗木城07 苗木城08

苗木城09
天守玄関口門付近に住まうカモシカ
両目失明っぽいけれど保護しなくて大丈夫ですか。

苗木城10 苗木城11

苗木城12 苗木城13
天守台跡の穴を再利用した展望台。
苗木城14

苗木城15
見晴らし良いね。





にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment