FC2ブログ
07
2018

2018 夏の歴史旅 6 ~ 鎌刃城








[ 鎌刃城 ] (続100名城-156番)
米原I.C降りて、中山道に入り、喫茶「源右衛門」でスタンプを確保。
少し戻って町屋橋脇の駐車場へ。
「源右衛門」でトレッキングマップを確実に入手することをお勧めします。
鎌刃01 鎌刃02
登城は彦根43ガードから。
この扉は熊対策です !
鎌刃03 鎌刃04
想像した程キツくはない。
只々暑い。
鎌刃05 鎌刃06
築城年代は全く不明。
湖南と湖北の境界の要所故、室町中期には既に存在していたと考えられる。
鎌刃07
北曲輪の虎口
鎌刃08
戦国期は京極氏・六角氏・浅井氏による微妙なパワーバランスの中、代々鎌刃城を居とした堀氏も京極→六角→浅井と臣従先を転々。
1570年 浅井長政が織田信長に反旗を翻すと、鎌刃城主堀秀村は木下藤吉郎に説得され織田方となり、6万石を領した。
       家老樋口直房と竹中重治が旧知だったと云う。
       以後、木下藤吉郎与力として奮闘。
1574年 樋口直房が任されていた横山城守備を放棄した挙句、一向一揆衆と独断で講和した事に信長が激怒。
       樋口直房一族は誅殺。
       堀秀村の改易され、以後は豊臣秀長家臣に。

鎌刃09

鎌刃10
この景色みれば、この地の重要性が解るね。
鎌刃11
下山は44番ガードルートを選択。
熊捕獲用の鉄格子は有るし、潜んでそうな鬱蒼とした茂みがあるし、微妙に獣臭が有るわで微妙に怖かった。
このルートはお薦めできない。
車に戻って、氷解アクエリアスを一気飲み。
五臓六腑に染み渡るって、こういう事ね。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment