FC2ブログ
27
2018

ルームロンダリング

CATEGORY映画―邦画








ルームロンダリング
幼いころに父が亡くなり母は行方をくらまし、さらに祖母がこの世を去ってふさぎ込んでいた八雲御子(池田エライザ)。
そんな御子に叔父の雷土悟郎(オダギリジョー)は、住むところとアルバイトを紹介してくれた。
アルバイトは、いわく付き物件に入居する“ルームロンダリング”の仕事だった。
自殺して幽霊になった春日公比古(渋川清彦)と生活するようになった御子は、彼のデモテープをレコード会社へ送るよう頼まれ…。



八雲御子は"霊が見えちゃう"子で、不動産業を営む叔父悟郎の手伝いで問題物件に入居するルームロンダリングを生業としている。
浴室で自殺したミュージシャンの男に頼まれ、デモテープをレコード会社に送ったり、子供の霊に愚痴ったり、殺されたOLと仲良くなって、彼女を殺した犯人を見つけたり、その部屋の隣人と仲良くなったりする。



一風変わった軽妙なタッチのファンタジーは、その空気感が心地よかった。
池田エライザの個性がその空気感に良い感じでハマっているし、取り巻く役者陣のキャラ立ちも良かった。
ネットTVで連続ドラマ化決定?という話だけれど、地上波深夜時間帯で是非。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment