FC2ブログ
24
2018

死の谷間

CATEGORY映画-米







死の谷間
全てが死の灰に覆われた世界で、自分をただ1人の生存者だと思っているアン(マーゴット・ロビー)は、唯一放射能汚染を免れた小さな谷“第二のエデン”で愛犬と暮らしていた。
ある日、彼女は珍しい車両と、防護服を身につけた黒人男性ジョン(キウェテル・イジョフォー)を見つける。
彼は汚染された滝の水を浴びて体に変調を来すが、アンのおかげで助かる。



1人の女性 ―― アンが防護服を着て市街地で品物を集めて自宅に戻ってくるシーンから始まる物語。
核戦争で放射能に覆われた世界で、気流の関係も有って奇跡的に助かった渓谷でアンは犬と暮らしていた。
生存者を求めて出て行った者たちは誰も帰ってこなかった。

或る日、谷間に1人の男性ジョンがやってきた。
カウンターの数値に安堵して防護服を脱いだジョンは汚染された滝壺で泳いでいるところをアンに警告され、体調を崩したもののアンに救われる。

自分以外に人間がいた事に喜びと安堵と希望を見出すアン。
そんなアンに対して、男女の関係になった場合に関係性が変わる危惧を抱くジョン。―― アンは微かな不満。
やがて、もう1人の男性ケイレブが現れた。
歓喜の一方で男2人に1人の女 ―― さりげない確執が訪れようとしていた。



文学的な格調高さは良しとしても、些か宗教的抑制が過ぎた作品だと思う。
実際、絶望の先に希望が見えた場合、人間ってどうなっちゃいますかね。
終末物語だけに期待するものが大きかったけれど、恐ろしく性善説が前面に出た物語。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment