13
2018

ニワトリ★スター

CATEGORY映画―邦画






ニワトリスター
雨屋草太(井浦新)と同居人の星野楽人(成田凌)は、深夜のバーでアルバイトをしながら、ひそかに大麻を密売していた。
二人の周りには不良たちを陰で操るヤクザの八田清(津田寛治)や、DVの恐怖におびえる覚せい剤中毒のシングルマザーの知花月海(紗羅マリー)といった厄介な人々が暮らしている。
やがて、草太と楽人に予想もしなかったことが起こる。



アパートで共同生活を送る草太と楽人。
BARで働きながら、大麻の売人生活に未来は無く、焦りもあるが抜け出せずにいた。
大麻の卸元が失踪し、ヤクザと絡まざる得なくなってきたところで、二人は仲違いし草太は地元大阪に帰る。
楽人はシングルマザーの月海母子と生活するために仕事を探すが上手く行かず、ヤクザの八田のところで仕事をする事になる。



色んな意味でぶっ飛んだ前半はドン引きしつつも嫌いじゃないし楽しかった。
ところが後半は一転して凄い人間ドラマになってて、ちょっとしんみり。
監督かなた狼の原作本も読了済なんだけれど、原作より解り易いぶっ飛び感。
今シーズン隠れた傑作作品。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment