10
2018

孤狼の血

CATEGORY映画―邦画







孤狼の血

昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。
ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。
ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と共に捜査に乗り出す。



広島・呉原では尾谷組と五十子会の下部団体・加古村組という暴力団組織のに対立が激化していた。
そこを仕切るベテラン刑事・大上章吾は結果は残すものの、やりたい放題。
尾谷組若頭・一之瀬とは懇意で、ここを軸に抗争を防ごうとしていた。

そんな呉原暑に赴任してきて、大上とコンビを組まされたのが日岡秀一。
大卒の日岡が赴任してくるのは異例中の異例だが、日岡は監察官から大上の内偵を指示されていた。
任務とは云え大上の粗暴横暴な立ち振る舞いは常軌を逸していて、ついていけない日岡だったのだが・・・・



面白かった。
柚月裕子の同名人気小説の本筋はいじくらずにアレンジした作品は、原作のイメージも損なわずに東映ヤクザ映画を踏襲した物語になっていた。
物語の終盤で大上は死んでしまうものの、エンディングまで大上の影を残す。
それでいて最期は日岡の物語にしてしまう脚本/展開の妙も見事。
残酷な場面も多々有れど、巧みな映像演出で物語に溶け込ませる技術も凄い。
東映の王道復活で次作が俄然楽しみです。

セットで是非是非
 


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment