05
2018

名もなき野良犬の輪舞







名もなき野良犬の輪舞
犯罪組織のトップを目指す服役囚ジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所に入ってきた野心家のヒョンス(イム・シワン)と出会う。
自分以外の人間を信用せずに生きてきたジェホだったが、ある日、ヒョンスが彼を急襲から救い、二人の絆が深まる。
彼らはお互いを信頼し合い、出所後に協力して犯罪組織の乗っ取りを図ろうとするが……。



犯罪組織の№2 ジェホは他人を全く信用していない。
そんなジェホの懐に飛び込んで信任を得たのがヒョンス ―― 実は潜入捜査官で3年掛かりの任務。
難病抱えた母親の治療と引き換えに任務を引き受けていたヒョンス ―― ジェホは見抜いていた。
思惑有って接近した二人だが、次第に仕事を越えた絆で結ばれる。
しかし蜜月が続く訳が無かった。



虚無感に支配された心中の片隅に僅かに残っている感情 ―― 誰かを信じたい、誰かに縋りたい。
そんなちっぽけな希望すら互いに利用する無慈悲な世界。
策謀と策謀、騙しあいの連続、裏切りの先に裏切り。
二転三転したストーリーの巧緻に最後まで翻弄された。
こういうノワールは韓国映画の真骨頂ですね。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment