28
2018

ワンダーストラック

CATEGORY映画-米







ワンダーストラック

1977年ミネソタで、母親を事故で失いおばに引き取られた少年ベン(オークス・フェグリー)は、母の遺品の中に実父につながる手掛かりを発見する。
その50年前の1927年ニュージャージーで、聴覚障害のローズ(ミリセント・シモンズ)は両親の離婚後、厳しい父親と暮らしていた。
いつも一人ぼっちの彼女は、憧れの女優の記事をひそかに集めており……。



1977年のミネソタ
少年ベンは母親を交通事故で亡くし、叔母に引き取られ暮らしていた。
ある時、母親の遺品から見つけたのがNYキンケード書店のレシート ―― その裏に手書きのメッセージ。
そのメッセージとワンダーストラックと言う書籍を頼りに父親を捜すべくNYに旅立った。
因みにベンは落雷によって耳が聴こえなかった。

1927年のニュージャージー
少女ローズは生まれつきの聴覚障害。
離婚した母親に会うべくNYに行ったローズは母親と再会した後、NYで働く兄ウォルターに世話になる事になる。




カラーとモノクロで描かれた50年差の二つの物語。
その繋がりは何となく想像できた。
言葉で全ての種明かし的な展開は正直ドラマティックを削いでしまった感が強いです。
だけども暖かかく『紡く物語』系なんで、ファミリー向けとしては悪くないかな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment