10
2018

長江 愛の詩








長江
小さな貨物船の船長のガオ・チュン(チン・ハオ)は、上海で双眼鏡越しに見た女性(シン・ジーレイ)に心を動かされる。
翌日、ガオは亡き父親が20年前に作った手書きの詩集「長江図」を見つける。
希少種の魚を長江の上流まで運ぶことになったガオは、上海で見かけた女性アン・ルーと出会い、愛を交わす。



父が亡くなり跡を継いで貨物船の船長となったガオは、夜の上海で見掛けた一人の女性アン・ルーに心惹かれた。
翌日、ガオは機関室で錆び付いた缶を発見、その中身は父親が記した詩集「長江図」だった。
上海を発った貨物船は江陰で違法荷物を引き受け四川省宣賓まで運ぶことになる。
ここでアン・ルーと再会し、体を重ねるガオ。
ここから行く先々でアン・ルーと出逢うが、そこは「長江図」に記された場所だった。



幻想と現実が交錯して不思議な陶酔感に包まれたのは事実だけど、淡々とし過ぎな物語。
映像が兎にも角にも美しすぎて圧倒されて、エンディングの段階でこれは実に残酷なファンタジーなんだなと気がついた。
果たしてアン・ルーは何だったのかと。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment