FC2ブログ
31
2018

悪と仮面のルール

CATEGORY映画―邦画







悪と仮面のルール
財閥・久喜家の当主である父に、純粋悪となることだけを望まれ育てられてきた少年・文宏は、ある日思いを寄せる久喜家の養女・香織が父に汚されようとしている現場を目撃。
彼女を守るため父を殺害する文宏だったが、自分が次第に憎悪する父に似ていくことに気付き、香織の前から姿を消す。
整形して新谷(玉木宏)という別人に成り済まし、香織をひそかに見守るが……。


整形と新しい戸籍を手に入れた男――久喜文宏は新谷弘一に生まれ変わった。
"悪"になるべく育てられた彼は、一緒に育てられた香織が父親に汚される刹那に父親を殺害していた。

生まれ変わった文宏は久喜家に出入りしていた探偵に香織の現在と、久喜家の状況を探ってもらっていた。
やがて、自分以外に香織の身辺を探っている人間の存在。――久喜家の後継者・兄の存在を知る事になる。



原作の世界を再現できたかと云えば"否"。
ノワールに徹しきれない、ピカレスクロマンに持っていけない中途半端な脚本と演出がもどかしかったのは事実。
かといってつまらない訳でもなくて、それなりにドラマになっていたと思います。
シーン一枚一枚が"画"になっていたのは監督のセンスですね。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment