FC2ブログ
05
2018

コンフィデンシャル 共助






コンフィデンシャル
北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)は、アメリカドル偽造の犯罪組織を追跡している最中に、上司の裏切りで仲間と妻を殺される。
韓国へ逃亡した組織を捕らえるため、北朝鮮はチョルリョンをソウルに送り込む。
一方、国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を担当に任命し、南北の合同捜査を極秘に進めるが……。



偽札組織を監視していたチョルリョンは、上司チャ・ギソンの命令を無視して施設に踏み込んだ。
そこでチョルリョン達は施設を制圧して偽札銅板を持ち出そうとしている集団と銃撃戦となる。
その集団のリーダーこそチャ・ギソンで、彼の率いるグループはチョルリョンの妻を含む部下全てを殺害して韓国へ姿を消した。

韓国・ソウル市警の刑事ジンテは仕事でミスをして停職処分。
そんな彼に上司から命令が下った ―― 「脱北した犯罪者を北の警官とチームを組んで逮捕せよ。出世のチャンス・・・」

北の高官はチョルリョンに、南の高官もジンテに密命を下す。
指示に従ってジンテはチョルリョンの一挙手一投足を監視するのだが・・・・。



イケメンで優秀で沈着冷静なエリート刑事と、直情径行な熱血漢でルックス残念なノンキャリと云う好対照な刑事コンビ。
これはバディ-ムービーのお約束。
この作品のアドバンテージはその二人が南北の人間だと云う処。
イデオロギーの違う二人が対立し、探り合い、邂逅して事件解決へ。
ストーリーが食傷気味+御都合主義なのをカバーしたのは、メイン二人のキャラ立ちが際立っていたから。
予想の斜め上行く面白さでした。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment