FC2ブログ
19
2018

MASTAR









マスター
投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、韓国で最大級のネットワークビジネスで、客から多額の資金を集めることに成功。
その後会社は倒産し、チンは金を手に海外へ逃げてしまう。
知能犯罪捜査班の刑事キム(カン・ドンウォン)が捜査チームを編成し、チンの部下だったパク(キム・ウビン)も加入。
チンの死亡が報道される一方で、捜査はひそかに続行される。そのころ、チンは東南アジアで新たな詐欺ビジネスを始めていた。



綿密な計画と天才的なスピーチ、国家要人への賄賂も怠らず、ネットワークビジネスで大成功を収めたチン会長のグループ。
キム率いる知能犯罪捜査班も半年前から内偵を進め、チン会長の側近パクと接触する。
司法取引に応じたパクは、チン会長と警察双方を手玉に取ろうと画策するが、全てをチン会長に察知される。
パクは刺客を向けられ、チン会長は韓国から消えた。

一年後、チン会長に投資した4万人が詐欺被害者となり、その金額は3兆ウォンに。
表向き捜査を外されたキム、一命を取り留めたパク達は秘かにチン会長を追っていた。



ネットワークビジネスの盛況っぷりが半端ない韓国で、実際に起きた投資詐欺事件をモデルにした作品。
これは面白かった。
140分弱があっという間だった感じ。
実話が元だからディテール、脚本にブレが無く、ドラマの緩急が見事だった。
そして何よりもメインキャスト3人、特にイ・ビョンホンのいかがわしさ、カン・ドンウォンの誠実精悍さが素晴らしかった。
オ・ダルスもお約束の演技。
これは秀作。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment