FC2ブログ
17
2017

GO WEST 2017秋 1 - 芥川山城








【 芥川山城 】 (続100名城 -159番 ) 
芥川山02 芥川山01 芥川山03
11月3~5日の三連休に大阪京都に行ってきました。
3日午後と4日が仕事なんで、空いてる時間は精一杯遊んでやろうと日程組みまして(^^;)

11月2日夜、20時過ぎまで仕事こなして、21時発大阪行き高速バスに乗車。
途中の梓川SAで休憩の為下車したら、仕事仲間にばったり遭遇。
途中で乗ってたのに気がつかなかった訳(笑)。

高速バスで京都到着が6時過ぎ。
JR高槻駅から路線バス20分で最寄りの塚脇に到着。
バス停から事前にダウンロードした案内図に沿って歩きますが・・・・・・老人ホーム過ぎた辺りにある入り口を見落とした(´;ω;`)。
芥川山04 芥川山05
(案内図と見比べて)ここじゃない感満載の大手門口を進むと、竹林へ。
黄色のビニテの案内に従い、イノシシ対策の戸を開けて金網に沿って歩く事数分・・・・・あれっ、道が無い。
芥川山06 芥川山07
2週に続けて襲来した台風のお蔭で崩落した斜面。
巨木が何本も倒れ、その先を凝視すると枕木階段らしきものが見える。
意を決してストック2本を縛って倒木の向こうに投げて、巨木を乗り越え、幹を伝って登る事に。
芥川山08 芥川山09
「これ、地元の警察か、観光協会に電話した方が良いかも」なんて思いつつ登り切ってみると、枕木階段は半分消えておる。
慎重に斜面を伝って「田の丸」まで辿りついた。
芥川山10 芥川山11
そこから先は楽勝。
因みに帰路は大手門の案内に従ったけど、こっちも悪路で途中から往路の竹林に合流した。
芥川山12
1515年(永正12年) 能勢因幡守頼則による築城とされる
1526年(大永6年) 細川高国と細川晴元の対立抗争で、能勢氏は晴元方に降伏、芥川山城から退去。
1547年(天文16年) 細川晴元配下の三好長慶が離反して芥川山城はその勢力下に。
1553年(天文22年) 芥川山城主 三好一族の芥川孫十郎の反乱を収めた三好長慶は自らの居城とした。
1560年(永禄3年)  三好長慶は飯盛山城へ移転。
              芥川山城には嫡男三好義興、次いで三人衆の一人三好長逸が入った。
1568年(永禄11年) 織田信長によって攻められ落城。和田惟政が城主となった。
1569年(永禄12年) 和田惟政は高槻城に入り、芥川山城には家臣の高山友照を置いた。
1571年(元亀2年) 白井河原合戦で和田惟政は戦死。家督を継いだ和田惟長は追放される。
1573年(元亀4年) その追放した高山右近が高槻城に入り、芥川山城は廃城となった。

芥川山13 芥川山14
北・西・南の三方を芥川で囲まれ、摂津峡の様な断崖等、地形を重視して選地されたと推定されるけれど、如何せん比高130メートル。
私有地が大部分を占めるから調査と整備は大変かな。

芥川山15

芥川山16
眺望は靄ッていて残念。
大阪市内一望を期待していたけれど、そもそもが無理かな。

芥川山17
ここが本来の入り口。
「何故、ここを見落とした 俺!」

そんなサバイバル系やったのに降ってきたら8:40分、計画より20分短縮。 
70分でミッション終了。 




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment