FC2ブログ
27
2017

AMY SAID エイミーセッド

CATEGORY映画―邦画







AMY SAID
学生時代に映画研究会に所属していた、同級生の男女8人。
彼らは思い出の場所であるバーで久しぶりの再会を果たし、20年前に突然亡くなった映画研究会のマドンナ、エミを偲んで語らう。
それぞれが映画に全てをささげていた当時のような純粋な気持ちを忘れ、日々の生活に追われているだけのくたびれた40代になってしまったことを痛感する。
だが、次第に彼らは熱い思いをぶつけ合い、忘れていた何かを取り戻していく。



再会して何を語るのか。
どこまで曝け出せるのか。
気の置けない何とかだから虚栄を張るのか、弱みを見せられるのか。

あの頃に戻りたいと思うのが後悔
ああいう風にしておけば良かったと思うのも後悔
そういう事もあったなぁ、と思えたら・・・・多分、今を生きている。・・・・・順調かどうかは別として。

意図したところはそんなところ。
言葉は無くとも、行間はよく理解できた。
キャストと同年代が圧倒的な客席は、共感的な空気で埋まっていたと思う。
“胸がシュン”とする心地良い作品。

大橋トリオの劇中歌(本人も出てる)が良かった。
購入してヘビロテ中。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment