FC2ブログ
23
2017

北へ北へ 8  / 謙信-ism 北の大決戦舞台な長谷堂城








[ 長谷堂城 ]

鶴岡から山形自動車道/東北自動車道を走る事100分で山形へ。
車から眺める景色がとにかく素晴らしかった。

長谷堂城11 長谷堂城12
八幡崎口の公園駐車場の脇が復元された水堀。
ここでパンフレットを入手したけれど、このパンフレットが解り易い!

長谷堂城13 長谷堂城14
八幡崎口 /案内板がとにかく親切。 これ日本中の城郭管理運営者に見習ってほしいレベル

長谷堂城15 長谷堂城16 長谷堂城17

長谷堂城18 長谷堂城19 長谷堂城20
帯曲輪と横矢掛りが凄いわ。


割と歴史は浅くて、1514年に長谷堂城を伊達軍に落とされた記録が残っている。
ここから最上氏は伊達氏の風下に立つことになった。

長谷堂城21
標高229 mで比高 90 m 
この小振りな山城に上杉軍1万8千が殺到、対する最上軍は志村光安以下1千。
既に上杉軍は総勢2万5千の軍勢で最上側24の出城を陥落させ、後は長谷堂城と上山城を残すのみとなっていた。
上杉軍の数に頼んだ力攻めに耐えられたのはコンパクト・イズ・ベストな設計だったのは大きい。
攻められる一方で、夜襲を仕掛けて相手を混乱させた最上軍は関ケ原西軍敗北の報を受けて、上杉軍が撤退するまでの13日間を耐え抜いた。
志村光安は戦後東禅寺城3万石
長谷堂城22
山形市内
長谷堂城23
左の山頂が撤退戦の死闘極めた富神山・・・だと思う。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment