FC2ブログ
22
2017

飛騨ノ国 ~ 江馬氏館跡










[ 江馬氏城館跡 ] 国史跡

江馬氏01 江馬氏02
7月末の土曜日、松本市内で会議やって宿泊。
翌日、大雨の野麦街道~中部縦貫自動車道を経て飛騨へ。
最初の目的地は江馬氏城館跡。
江馬氏03 江馬氏04
大雨とあって来館者ゼロ。
貸し切りでボランティアさんのお話を伺った。
江馬氏05 江馬氏06
まず江馬氏の元は、桓武平氏経盛流を称した江馬輝経が北条氏に仕えたのが始まりと云う話。
この辺は諸説ありありだと思う。

室町時代から北飛騨を治めるようになり応仁の乱では東軍。
戦国時代に入ると江馬氏は飛騨の有力国衆となり、姉小路家や三木氏と争うようになるが、ここに介在してくるのが上杉、武田、織田という外圧(汗)。
1582年、本能寺の変に応じて当主江馬輝盛は姉小路(三木)自綱に決戦を挑んだものの敗れ、事実上滅亡。

江馬氏07 江馬氏08
館はその頃無くなったと思われる。
この辺は田圃になったけど、庭園の巨石は突き出したまま。
とりあえず、当地に豪華な庭園付き邸宅が有った事だけは伝承されていた。

銀・亜鉛・鉛を産出される炭鉱の町として栄えた神岡町の土地改良事業(カドミウム調査)として発掘調査した際、館跡が発見され整備の後、国史跡に。
江馬氏09
山頂が高原諏訪城。
この他、洞城・石神城・寺林城・土城・政元城が烽火のネットワークで繋がっていた。
全て纏めて国史跡です。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment