18
2017

フェフティ・シェイズ・ダーカー

CATEGORY映画-米







フィフティシェイズ2

恋愛初心者の女子大生だったアナスタシア(ダコタ・ジョンソン)は、大企業CEOのグレイ(ジェイミー・ドーナン)に恋するが、その倒錯した愛に応じることができずに彼の前から去っていく。
その後、大学を卒業したアナは出版社で働き始め、グレイは別れた後に今まで誰にも抱いたことのないアナへの感情に気付くのだった。
復縁を求める彼に、アナはある条件を提示する。



前作のエンディングで綺麗に別離した二人。
その後もグレイからはさりげないアプローチがあったけれど、アナはそれをスルーしていた。
アナは出版社で働き始め頭角を現しつつあった。
ある写真展で再会した二人は、アナからの条件付きで復縁することになる。



恋愛未経験だったアナは、交際するや否やグレイの性癖に引き込まれた挙句、グレイの予想斜め上行く心の成長を遂げたのが前作。
アナからしてみれば、グレイの気持ちは理解出来るけど、彼の心の奥底が窺い知れない。
そこが別離の原因となったけれど、まだグレイに対する気持ちが残ってたこその展開。
一番のポイントは語られなかったグレイの生い立ちで、これを含めてグレイとアナの駆け引きが物語の軸。
前作に比べると+R18シーンは減ったものの、そこに至る心理戦は割と面白かったです。

原作はマミーポルノ(レディコミ)と呼ばれるけれど、現代版シンデレラとして主婦層の願望と羨望全てを詰め込んで大ヒット。
今回も観客の8割が女性でした。
鑑賞した女性のどれくらいがSMに興味を持つのかな?



アナ演じるダコタ・ジョンソンが非の打ちどころ無いレベルで良い!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment