FC2ブログ
29
2017

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

CATEGORY映画-欧州







ジーグ
テロが頻発するローマ郊外。チンピラのエンツォ(クラウディオ・サンタマリア)は、ひょんなことから人知を超えた力を手に入れる。
ある日、エンツォが慕う“オヤジ”が殺害されてしまう。
オヤジの娘のアレッシアは、エンツォを日本製アニメ「鋼鉄ジーグ」の主人公・司馬宙に重ね、二人の距離は少しずつ近づいていく。
そんな中、闇の組織のリーダー・ジンガロ(ルカ・マリネッリ)の脅威が迫り……。



ヨーグルトとアダルトビデオをこよなく愛するエンツォは末端のゴロツキ。
高級時計を窃盗して追われ、警察から逃れるべく川へ身を沈めたのだが、川底には放射性廃棄物のドラムカンが転がっていた。
川から上がった直後からエンツォは激しい体調不良に襲われてしまう。

翌日、それが収まってから高級時計を売り払うべく“おやじ”セルジョに会いに行ったエンツォはセルジョの娘アレッシアと出逢う。
アレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」を愛するメンヘラ。

セルジョに帯同した現場でセルジョは射殺、エンツォも撃たれた挙句にビルの9階から転落してしまう。
それなのに死ななかったエンツォは、自身の超人パワーを自覚した。
元々がゴロツキなエンツォがそのパワーを生かすのは犯罪。
まずはATM強盗をやらかした・・・・(笑)。



そんなエンツォがやがて正義に目覚めるところはネタバレだから禁句だけど、物語は超絶面白かった。
エンツォは普通以上にダメな中年なんだけど、性格が単純明快で直情径行だからこそ正義にシフトしたんでしょ。
割とこの辺の経緯の安易さが批判の対象らしいけど別に問題ないと思う。
「デッドプール」に通じるステレオタイプのヒーローモノに対するアンチテーゼ。
普通に格好良かったよ。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment